PROLOGUE

ニュースを突く

「骨太方針」に見える財政悪化の真因

2018年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

財 政
田村 賢司
たむら・けんじ
本誌主任編集委員。税財政、社会保障、企業財務、会計などが専門。

政府が6月半ばに閣議決定した経済財政運営の基本方針(骨太の方針)は、財政再建目標を2025年へさらに先送りした。社会保障費だけが問題ではない。真因は政権自身ではないか。

 「またかという感じ。消費税引き上げ前後に駆け込み需要と反動減があるというが、ならしてみれば結局、影響は限定的。そもそも増税で物価が上がる負担増の影響の方が大きいから政策でどうにかするのは難しい」

日経ビジネス2018年7月2日号 7ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「ニュースを突く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ