連載

気鋭の経済論点

プロファイリング天国の脱却を

AIスピーカーとプライバシー

2018年2月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国のグーグルやアマゾン・ドット・コムなどが日本で相次ぎAIスピーカーを発売した。自分の情報がどのように活用されているのか、ユーザー側が改めて自覚する必要がある。

山本 龍彦[やまもと・たつひこ]
慶応義塾大学 法科大学院教授
1976年生まれ。2001年慶応義塾大学大学院法学研究科修了。05年同博士課程単位取得退学、07年博士。専門は憲法学。近著に『おそろしいビッグデータ』。

 先行した米国に続き、日本でも昨年秋から「グーグルホーム」や「アマゾンエコー」、LINEの「クローバ ウェーブ」などのAI(人工知能)スピーカーが相次いで発売された。

 そこで改めて考えたいのが、AIスピーカーが私たちの何を、どこまで記録しているのか、その記録が誰にどのように扱われるのかということ、そしてプライバシーの守り方だ。

日経ビジネス2018年2月12日号 82~83ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ