連載

気鋭の経済論点

漁獲規制巡り日本が不利に 科学的議論と仲間づくりを

太平洋クロマグロ問題

2017年2月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現在、太平洋クロマグロの資源量は過去最低に近い水準にある。日本は全漁獲量の約60%を占めており、国際関係の中で主導権を握って資源回復を図りたいところだ。しかしながら昨年12月に開催された中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)第13回年次会合の結果は、「苦戦」が報道されている。

日経ビジネス2017年2月20日号 82~83ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ