連載

気鋭の経済論点

「仕掛け」で社会問題を解決

楽しみながら人の行動を誘引

2018年2月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

AI(人工知能)やビッグデータが注目を浴びる昨今だが、データに頼らない問題解決法もある。それが「仕掛学」だ。人が思わずしたくなるように“仕掛け”ることで、行動を変えられる。

松村 真宏[まつむら・なおひろ]
大阪大学 大学院経済学研究科教授
1998年大阪大学卒業。東京大学大学院で博士(工学)取得。スタンフォード大学客員研究員などを経て2017年7月より現職。著書に『仕掛学』(東洋経済新報社)など。

 長時間残業、生活習慣病、ごみのポイ捨て……。私たちが日常生活で直面したり、社会が抱えている問題の多くは、人間の行動が原因となっている。このような問題に対する方法の一つが、筆者が提唱している「仕掛学」である。

 仕掛学は、思わず行動したくなるような「仕掛け」を設けて間接的に人の行動を変え、結果として問題を解決しようとするものだ。長時間残業の是正をトップダウンで呼び掛けたり、ポイ捨て禁止の張り紙をしたりするなど、“正攻法”を講じても効かない場合は少なくない。頭では分かっていても行動変容につながらない場合に、仕掛けは有望なアプローチとなる。

日経ビジネス2018年2月19日号 78~79ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ