連載

気鋭の経済論点

採用基準の明確化が不可欠

曖昧さがもたらすミスマッチ

2018年3月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

多くの日本企業で採用基準が曖昧であることが、人材のミスマッチや早期退職の原因になっている。自社が求める人物像を明確にしなければ、売り手市場で人手の確保もままならなくなる。

服部 泰宏[はっとり・やすひろ]
横浜国立大学大学院
国際社会科学研究院
准教授

1980年神奈川県生まれ。2009年神戸大学大学院経営学研究科修了。13年から現職。18年4月から神戸大学大学院経営学研究科准教授に就任予定。

 2019年4月入社の学生を対象にした就職活動が3月から本格的に始まった。人手不足を背景に、日本企業における新卒採用は年々重要性を増している。だが、多くの日本企業ではいまだに採用基準が曖昧で、その弊害が企業の成長力低下をまねいている。

日経ビジネス2018年3月12日号 96~97ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ