連載

気鋭の経済論点

政府目標達成、楽観視できず カギ握る20代、大学にメスを

少子化対策の盲点

2017年3月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

少子化の進展を測る際には、1人の女性が生涯に産む子どもの数が重要である。これについて、一般的には15~49歳の年齢別出生率を合計した「合計特殊出生率」が適しているとされるが、合計特殊出生率が2種類あることはあまり知られていない。

日経ビジネス2017年4月3日号 114~115ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ