連載

気鋭の経済論点

カギ握る中央銀行の動向 法定通貨化で政策効果も向上

仮想通貨の未来

2017年5月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

柏木亮二(かしわぎ・りょうじ)
野村総合研究所
金融ITイノベーション 事業本部 上級研究員

1996年東京大学経済学部卒業、野村総合研究所入社。製造や情報通信分野のコンサルティングを経て、金融分野でのIT戦略立案に従事。

(写真=Bloomberg/Getty Images)
金の価格を逆転
●1ビットコインと金1オンスの価格推移
注:ビットコイン価格はコインデスクから、金1オンス価格はニューヨーク市場の終値

 2017年3月2日、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」業界を騒然とさせる出来事が起きた。インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格(1ビットコイン当たり)が、金1オンス当たりの価格を初めて上回った。実物資産の代表ともいえる金と、実物資産の裏付けがない仮想通貨の価格が逆転した瞬間だった。

 17年に入り仮想通貨が再び注目を集めている。ビットコイン価格は今年2月に13年11月に記録した最高値、1ビットコイン=1163ドルを約3年ぶりに突破し、その後も上昇を続けている。この動きに連動する形で「イーサリアム」や「リップル」といった他の仮想通貨の価格上昇も目立つ。

仮想通貨取引の4割が日本

 仮想通貨の価値が高騰した主な要因として、仮想通貨が金融商品の一つとして認知されてきたことがあるだろう。意外かもしれないが、価格高騰を牽引するのは日本市場だ。日本の取引所での仮想通貨の取引高は全世界の4割を占めており、世界のトップシェアになっている。

日経ビジネス2017年5月29日号 78~79ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ