連載

気鋭の経済論点

最低でも1300円が必要 全国一律とし地方創生支えよ

最低賃金の妥当性

2016年11月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

10月に発効した2016年度の最低賃金は、全国加重平均で25円引き上げられた。過去最高の上昇幅となった背景には、安倍政権の「全国平均で最低賃金1000円」という目標がある。だが、筆者は少なくとも1300~1400円、なおかつ全国一律の最低賃金が理想的だと考えている。

日経ビジネス2016年11月28日号 96~97ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ