連載

ソニーを歩く

医療でも「感動」を提供したい

イメージング技術を核に新領域に挑む

2018年3月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今でこそ多くの企業が医療や健康を成長事業と捉えて参入しているが、実はソニーの医療事業の歴史は古い。テレビなどで培ってきたイメージング技術を核として、1980年代からモニターやプリンターなどの医療関連機器や、研究用の細胞分析機器などを手掛けている。

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「ソニーを歩く」のバックナンバー

一覧

「医療でも「感動」を提供したい」の著者

内海 真希

内海 真希(うつみ・まき)

日経ビジネス記者

2009年日経BP社入社。医師・薬剤師向けの専門誌である日経メディカル、日経ドラッグインフォメーションを経て、2017年4月から日経ビジネス記者。電機、製薬、医療制度などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ