PROLOGUE

編集長の視点

フィンテック時代の不安 自らを捨てやるべきこと

2018年1月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「揺り戻しはありますよ」

 りそなグループのある管理職がこう残念がっていました。実質国有化され2003年にJR東日本出身の細谷英二さんがトップに就任。不良債権の処理と並行して窓口営業時間の延長など利用者目線の改革を進めたものの、「銀行目線」に戻りつつあるというのです。「急過ぎる部分もあったし、もともと気に入らない人もいた」と言います。

日経ビジネス2018年1月22日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ