PROLOGUE

編集長の視点

復調見えたソニー どこでつまずいたのか

2018年2月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 長く不振が続いたソニーの業績が改善しています。そもそもどこでつまずいたのでしょう。株式市場を揺るがした2003年のソニーショックのあたり、その後に業績低迷が目立つ08年のリーマンショックのあたり…いろいろ見方はあるでしょう。私が異変を感じたのは1996年。VAIOやプレイステーションを相次ぎ発売した90年代半ば。ソニーがまだまぶしかったころです。

日経ビジネス2018年2月26日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ