PROLOGUE

編集長の視点

日本企業に広がる試練「合理性」だけでは勝てぬ

2017年5月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「いま、アメリカでまともにロビイングできている日本企業はほとんどないんじゃないかな」。日米貿易摩擦が日本企業を揺るがした1980年代から90年代に自動車メーカーでロビー活動を担当していた知人が残念がっていました。かつては熱心な企業がいくつもあったようですが、ずいぶんとその力が衰えているそうです。なぜそうなったのか。理由は簡単。「ここしばらくはロビイングする必要がなかったから」です。

日経ビジネス2017年5月8日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ