PROLOGUE

編集長の視点

五・一五事件と大凶作技術革新は何のため?

2017年5月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今号は5月15日号。日付から五・一五事件を連想する人も多いでしょう。海軍青年将校たちが犬養毅首相を射殺したあの事件。1932年のことでした。 日本は世界恐慌で深刻な不況下にあり、折しも前年は大凶作。東北地方を中心に農家への打撃は甚大でした。欠食児童が社会問題となり、我が子の身売りも続出しました。食うや食わずの生活を送る貧窮が目の前にある時代。

日経ビジネス2017年5月15日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ