PROLOGUE

編集長の視点

気の毒な昭和シェル 心配な出光の不誠実

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「本当に大丈夫だと言ってるの?」

 「そこは大丈夫だと言ってます」

 2014年12月。日本経済新聞は出光興産と昭和シェル石油の統合計画を特報しました。当時、日経新聞で企業ニュースを統括していた私はこの特報を流す前から取材チームの記者たちと、このやり取りを何度も繰り返しました。心配していたのは出光の創業家が本当に昭シェルとの統合にオーケーを出しているのか、ということでした。

日経ビジネス2017年6月19日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ