PROLOGUE

編集長の視点

ソフトバンクの経営危機 救ったのは官僚主義

2017年6月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ソフトバンクがNTTを純利益で抜くなんて、そのころ誰が予想したでしょうか。1995年。私はここがポイントになったと思っています。

 日本でインターネットの商用サービスが始まってまだ2年しかたっていませんでした。その年の春に設立したばかりで資金需要が旺盛な米ヤフーに出資をしようとした会社がありました。ご存じソフトバンク……ではありません。実は最初にヤフーに手を差し伸べた日本企業はNTTだったのです。

日経ビジネス2017年7月3日号 3ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「編集長の視点」のバックナンバー

一覧

「編集長の視点」の著者

東 昌樹

東 昌樹(ひがし・まさき)

日経ビジネス編集長

1990年日本経済新聞に入社。「日経新聞電子版」の開発・立ち上げに携わった以外は一貫して幅広い業種の企業取材を担当。同社企業報道部長を経て2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ