PROLOGUE

有訓無訓

田村 哲夫[渋谷教育学園理事長]

2018年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人は「不得意」な論理的思考の追求によって成長することができる 

(写真=鈴木 愛子)

 今年は朗報が続きました。校長を務める渋谷教育学園幕張中学校・高等学校(渋幕)の卒業生2人が相次いで文学賞を受賞したのです。一人は東京大学大学院で数学者を研究していることから「文学界の大谷翔平」と呼ぶ人もいて、我が校らしい「二刀流」だと喜んでいます。

 4年間の住友銀行(現三井住友銀行)勤務を経て父から女子校の経営を受け継ぎ、47歳で千葉の幕張に男女共学校の渋幕を開学しました。82歳の今も渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校(渋渋)との間を行き来する日々です。

日経ビジネス2018年6月25日号 1ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「有訓無訓」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ