PROLOGUE

有訓無訓

津田 純嗣[安川電機会長]

2018年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

企業には自由人が必要 未来のために種をまく 10個に1個当たればいい

(写真=北山 宏一)

 現在の主力事業が好調な時にこそ、次の時代に向けたシフトを進めなければならない──。私はつくづくそう思っています。

 入社して間もない1980年代前半、安川電機の主力は鉄鋼や繊維メーカーの生産システムに使われる電機品でした。好調でたくさん利益が出ていても、当時の経営陣は、家電や自動車向けに軸足を移していました。

日経ビジネス2018年8月27日号 1ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「有訓無訓」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ