PROLOGUE

有訓無訓

末吉 竹二郎[国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI) 特別顧問]

2018年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プラ製ストロー廃止は象徴 環境対応の「大義」に賛同し、 日本はもっとアクションを

(写真=稲垣 純也)

 米スターバックスがプラスチック製ストローの使用を2020年までに世界中で撤廃することを決めるなど、プラ製ストロー全廃の動きが世界に広がっています。こうした動きを、「欧米企業特有のプロパガンダだ」「環境に大したインパクトはない」などと、冷ややかに見る向きもあります。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。

 ESG(環境、社会、企業統治)を重視する世界的な動きについては、日本政府も対応を急いでいます。金融庁は、ESGをコーポレートガバナンス・コードやスチュワードシップ・コードに次ぐ、経営者や投資家が守るべき行動基準として重視し始めています。環境省もESG金融懇談会を立ち上げ、7月に「ESG金融大国を目指して」と題した脱・炭素社会に向けた提言を発表しました。

日経ビジネス2018年9月10日号 1ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「有訓無訓」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ