PROLOGUE

有訓無訓

村井 純[慶応義塾大学 環境情報学部 教授]

2018年9月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

デジタルテクノロジーで 不可能が可能になる。 便利さは神の領域に近づく

(写真=陶山 勉)

 私は、デジタルテクノロジーは「簀子(すのこ)」みたいなものだと思っています。床に簀子を置けば床全体が少し高くなり、それまで手が届かなかったものにも手が届くようになる。簀子は不可能を可能にするインフラで、デジタルテクノロジーもまた、そういうものです。

 インターネットが登場してから現在まで、無線がこれほど急速に広がったことを除けば、技術は予測できる範囲で発展してきました。最近、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が注目を集め、突然、進化のスピードが上がっているように感じる人もいるでしょうが、実際にはなだらかに進化し続けているのです。技術的にジャンプが起きて不連続な発展をするということは、まずありません。

 例えば、World Wide Webの発明は英国人エンジニアのティム・バーナーズ=リー氏の功績といわれていますが、その前にもさまざまなアイデアが試されています。いつ、どのように人々に受け入れられるかを予測するのは難しいとしても、どのような技術が出て来るかは分かるものです。

日経ビジネス2018年10月1日号 1ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「有訓無訓」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ