PEOPLE

敗軍の将、兵を語る

地方創生の拠点が閉館

仲世古善雄氏 [「北の国から資料館」元運営者]

2017年2月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ドラマ「北の国から」のロケ地として全国にその名が知られる北海道富良野市。最近では富良野で演劇を学んだ山下澄人さんの小説『しんせかい』が芥川賞に選ばれ話題になった。そんな富良野で地方創生の拠点となり、多くの観光客を集めた資料館が昨年、閉館した。

日経ビジネス2017年2月6日号 86~87ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「敗軍の将、兵を語る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ