EPILOGUE

賢人の警鐘

川野幸夫[ヤオコー会長]

2018年2月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

PROFILE
1942年埼玉県生まれ。66年東大法卒。69年に家業である八百幸商店(現ヤオコー)に入社。85年社長。関東地盤の有力食品スーパーに成長させる。2007年に会長。09年から日本スーパーマーケット協会会長。

(写真=的野 弘路)

「事業継承で大切なのは客観的な第三者の視点。世代交代は前倒しで

 事業継承に悩む経営者は多く、私も相談を受けることがある。次期社長を決める権利があるのは制度上、取締役会や指名委員会、そして株主などだが、現役の経営者は常に将来を考えておかねばならない。企業文化の継続性などファミリー経営の利点が再評価されている面もあり、上場企業でも親族間で事業継承する例は珍しくない。

 「息子が継ぎたくないと言っている」「親族間でもめ事になってしまった」──。企業の規模や状況によって悩みは違い、正解はないのだが、私自身の経験をお伝えすることで少しでも参考になればと思う。

日経ビジネス2018年2月19日号 98ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「賢人の警鐘」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ