EPILOGUE

賢人の警鐘

永守重信[日本電産会長兼社長]

2017年6月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

PROFILE
日本電産会長兼社長。1944年京都府生まれ。職業訓練大学校を卒業。73年に日本電産を創業した。ハードディスク向けから家電・商業・産業用、車載モーターまで事業を広げ、世界有数のモーターメーカーに育てた。
(写真=小倉 正嗣)

「加計学園問題の根に大学の硬直性がある。
柔軟性改革こそ急務」

 学校法人「加計学園」(岡山市)の愛媛県今治市への獣医学部新設が大きな問題になっている。論評するほど知っているわけではないから、この件に深く言及する気はないが、1学年160人という学部新設計画を聞くと、獣医の市場規模にその供給は本当に合っているのかという疑問は起きる。というのも、日本の大学の人材育成は、産業界など世の中が必要としている分野や質・量と合っていないと感じているからだ。

 言うまでもないことだが、技術のトレンドはここ数年、大きく変わってきた。AI(人工知能)やロボットが、幅広い分野で本格活用段階に近づき、あらゆるものがインターネットにつながるIoTは、情報の新たな使い方を基に、これまでにない付加価値を生み出そうとしている。

 こうした分野で生まれる膨大な人材需要に今の大学は応えきれていない。新たな大学を作るのもいいが、それ以前に既存の大学の改革を行うべきではないか。

日経ビジネス2017年6月26日号 98ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「賢人の警鐘」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ