EPILOGUE

賢人の警鐘

井上礼之[ダイキン工業会長]

2018年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

PROFILE

ダイキン工業会長兼グローバルグループ代表。1935年京都府生まれ。94年6月に社長就任。2002年6月会長兼CEO(最高経営責任者)、14年6月より現職。ダイキン工業を空調でグローバルトップ企業に育てた。

「変革の時代に挑戦するリーダーこそ謙虚たれ。人は人でのみ磨かれる」

 5月下旬、ダイキングループのグローバル各拠点の幹部約300人を鳥取市の研修施設に集めて、グループ経営会議を開催した。本社の経営陣も全員参加し、侃々諤々の議論を通じて課題を共有した。私は当社の将来を担う各拠点のリーダーと直接会い、経営理念を共有したり、リーダーのあるべき姿を伝えたりする機会はとても重要だと考えている。この連載を終えるに当たり、グループ経営会議でも話をした私の考えるリーダー像について述べたい。

 「歴史の転換点」とも言える変革の時代にある中、リーダーは自ら挑戦するとともに、挑戦しようとするメンバーに対し、より多くのチャンスを与えなければならない。前例のない新しいことに挑戦しようとすれば当然、失敗することもある。リーダーは前向きな失敗を一切とがめず、メンバーが困難なテーマに挑戦し、自ら成長しようとする環境を作ることが重要だ。

日経ビジネス2018年7月2日号 114ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「賢人の警鐘」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ