企業

企業研究

ベンチャーで「脱損保」

SOMPOホールディングス|損害保険

2017年8月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「安心、安全、健康のテーマパーク作り」を掲げて損保の殻を破壊する。進出した介護では既に国内2番手に。デジタル技術でさらに各事業の革新を図る。日米のベンチャーを自ら発掘し、その新技術を再成長の原動力にする。

老人ホームの入居者に施設の出入りを支援するロボット「ユニボ」

 「あ、開いた」

 今年6月29日、東京都足立区の住宅街にある介護付き有料老人ホーム「そんぽの家 竹ノ塚サンフラワー」。建物の入り口付近で小さな歓声が上がった。入居者たちが顔をほころばせたのは、この日小型ロボット「ユニボ」がやってきたためだ。高さ30cmほどのこのロボットの「仕事」はドアの開閉。入居者や職員が「ドアを開けて」と話しかけると、ドアに信号を送る。日本のベンチャー企業が開発したユニボは、顔認証の技術を持ち、登録済みの入居者の顔だけを認識して反応する。

 この老人ホームを運営するのは、損害保険大手、SOMPOホールディングスだ。SOMPOは2015年12月、居酒屋大手、ワタミから介護事業を、そして16年3月には介護大手のメッセージを買収してこの分野に本格進出。今や有料老人ホームを計298、サービス付き高齢者住宅を計128施設展開する。国内ではニチイ学館に次ぐ2番手の大手事業者となっている。

日経ビジネス2017年8月21日号 50~55ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「企業研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ