PEOPLE

編集長インタビュー

賃上げに手応えも不満あり

神津里季生氏[連合会長]

2018年5月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

春季労使交渉、労働時間規制、働き方改革、裁量労働制──。すべての人の働き方に大きな影響を及ぼす労働界のトップに注目が集まる。中小、非正規の底上げの重要性を説く。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=陶山 勉)
PROFILE
[こうづ・りきお]1956年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業後、新日本製鉄(現・新日鉄住金)入社。日本鉄鋼産業労働組合連合特別本部員在任中の90年4月より3年間在タイ大使館派遣。98年、新日本製鉄労働組合連合会書記長、2002年同会長。06年日本基幹産業労働組合連合会(基幹労連)事務局長、10年同中央執行委員長。13年、連合事務局長。15年から現職。

「賃金は上がる」という常識を取り戻す。
裁量労働制、高プロは一貫して反対。

トヨタ自動車はベアの金額を明らかにしなかった(写真=毎日新聞社/アフロ)

 問 今年の春季労使交渉(春闘)でトヨタ自動車労働組合がベースアップ(ベア)の金額を明らかにしなかったことには驚きました。これまでの運動論では、大手がみんなを引っ張ってきたわけですよね。

 答 交渉当事者は相当大変だったと思います。(トヨタ自動車の豊田章男)社長の言うことは分からないでもないが、労働界の人たちに示しがつかない。今でもじくじたる思いがあるでしょう。何度も繰り返せるわけじゃないと思っています。賃金データをしっかり持たないと継続性がなくなりますから、最後まで分かりませんでは済まされません。

 ただ、依然として世の中がトヨタを見ている中で一石を投じた意味はあったと思います。大手準拠、大手追随からの脱却ということを僕らも声高に言っています。去年は3割程度の関連会社がトヨタ本体を上回りました。今年もその傾向はむしろ拡大しています。

日経ビジネス2018年5月7日号 62~65ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ