PEOPLE

編集長インタビュー

本当の変革はこれからだ

鈴木幸一氏[インターネットイニシアティブ(IIJ)会長]

2017年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本のインターネット産業を切り開いて四半世紀、技術力で大手通信会社と勝負してきた。格安スマホにも参入し、業界首位と存在感は健在だ。既存勢力への挑戦はやめない。IT(情報技術)産業をリードする米国勢にも闘志を燃やす。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=陶山 勉)
PROFILE
[すずき・こういち]1946年生まれ。71年早稲田大学文学部卒業、72年日本能率協会入社。コンサルタントなどを経て92年に前身のインターネットイニシアティブ企画を設立し取締役。翌年にインターネット接続サービスを開始。94年にインターネットイニシアティブ社長就任。2013年6月から現職。「東京・春・音楽祭」の実行委員長としてクラシック音楽の普及にも尽力する。

格安スマホはもっと伸びる。シェア30%は可能。
仮想通貨も登場、いよいよ旧来の仕組み変わる。

 問 企業向けのデータ通信サービスが主力事業ですが、このところ大きく伸びているのが格安スマートフォン(スマホ)などのモバイル通信事業ですね。

ビックカメラなど他企業とも組んで格安スマホ事業を展開

 答 『IIJmio』という我々のブランドが個人向けの格安スマホ市場で1位になりました。ほかにビックカメラなど様々な企業の裏方となって、相手先ブランドでもサービスを提供しています。こちらも伸びています。個人向けのほかに法人向けサービスもやっていまして、両方合わせた回線契約数はこの1年で4割近く増えました。足元では約200万回線になっています。

 格安スマホはもっと伸びる市場だと思っています。当社のような企業は大手通信会社からインフラを借りて通信サービスを提供しているので、業界内ではMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれています。欧州を見るとMVNOの市場シェアはおおむね二十数%で、ドイツでは45%を超えたとの統計もある。それに対して、日本のMVNOは携帯電話市場全体の7~8%程度のシェアです。諸外国と比べればまだまだ伸びる余地がある。将来的に30%程度までは普及するのではないでしょうか。

日経ビジネス2017年9月25日号 88~91ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ