PEOPLE

編集長インタビュー

価値も責任も部品に移る

エルマー・デゲンハート氏[独コンチネンタルCEO(最高経営責任者)]

2017年11月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

タイヤメーカー大手から「自動車システムの雄」へと華麗な転身を遂げた。必要な技術をM&A(合併・買収)で獲得し、社内で発展させ価値を生む。だが、クルマは造らない。あえてサプライヤーの道を貫く理由とは。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=的野 弘路)
PROFILE
[Elmar Degenhart]1959年、独ドッセンハイム生まれ。87~93年独フラウンホーファー研究所勤務後、ITTオートモーティブ・ヨーロッパ入社。コンチネンタルによるITTインダストリーズのシャシー事業買収で98年からコンチネンタルの電動ブレーキシステム部門マネジャー。独ボッシュ・シャシー部門CEO、独レカロ・グループCEOなどを経て、2009年から現職。

世界市場のEVシェアは25年に10%が現実シナリオ。
移行が緩やかでも、準備を始めないと間に合わない。

 問 約20年前まではコンチネンタルといえばタイヤの大手でしたが、今では自動運転など「自動車システムの先進企業」という印象が強くなりました。

 答 転身のきっかけは1998年に米ITTインダストリーズからシャシー事業を買収したことでした。当時の経営陣の狙いは単純明快。『経営をより安定させるために第2の事業の柱を立てたい』というものでした。私自身もその時、ITTから当社にやってきました。

 タイヤやゴム・プラスチック部品の事業は今も続けていますが、売上高は全体の400億ユーロ(約5兆2800億円)強のうち150億ユーロ(約1兆9800億円)。残りが自動車システム関連で、タイヤなどの倍を売り上げています。自動車システムで注力するのは4つの新分野。衝突安全ブレーキに代表される『安全性』、燃費向上などを実現する『環境』、EV(電気自動車)で必要となる『パワートレイン』、つながるクルマに欠かせない『コネクティビティー』で、どれも成長が見込めます。

日経ビジネス2017年11月20日号 74~77ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ