PEOPLE

編集長インタビュー 日本イノベータ―大賞

誰もが憧れるテック企業に

山田進太郎氏[メルカリ会長兼CEO(最高経営責任者)]

2017年11月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スマホアプリで中古品市場を開拓。2017年の「日本イノベーター大賞」を受賞した。海外展開を加速。社会インフラとして盗品出品などの対策にも乗り出した。組織が大きくなっても、テクノロジー志向を追求していく。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=吉成 大輔)
PROFILE
[やまだ・しんたろう] 1977年生まれ。愛知県出身。東海中学校・高等学校を経て、早稲田大学教育学部に進学。大学在学中に楽天で「楽天オークション」の立ち上げなどに携わる。大学卒業後の2001年ウノウを創業。「まちつく!」などソーシャルゲームでヒットを生む。10年にウノウを米ジンガに譲渡。12年に退職後、世界一周の旅を経て13年メルカリ創業。17年4月から現職。

社会的な影響力がある点に気付くのが遅すぎた。
世界市場には絶対に打って出るべきだ。

 問 フリマアプリ「メルカリ」のサービス開始から4年がたち、中古品流通の新たな市場をけん引しています。創業当時から現在の状況を予測していましたか。

 答 インターネットを使ったCtoC(消費者間)取引に将来性を感じたからこそ始めたサービスですから、市場は大きくなると思っていました。ただ、事業の拡大とともに思い描いていた以上にサービスの広がりが出てきましたね。やればやるほど、『あ、こういうこともできるんだ』と、可能性が広がり続けています。CtoCという事業領域を選んだのは、ある意味、ラッキーでした。

 メルカリより前にもCtoCのサービスはありました。ただ、パソコンなどのガジェットや本、女性のファッションなどの取引が中心で、僕はそれをオールジャンルでやれば、すごく大きなビジネスになると考えました。実際、次第にトイレットペーパーの芯を集めて出品する人や、子供が拾ったドングリを売る人なども出てきて、とんでもなく面白いことが起こりつつあると実感しました。その良さをできるだけ殺さないように、自由なプラットフォームとして運営してきたのが、すごく良かったところだと思っています。

日経ビジネス2017年11月27日号 48~51ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ