SPECIAL REPORT

市場飽和襲う「三重苦」 成功モデル頼みに限界

苦悩するスマホゲーム業界

2018年3月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スマートフォンの普及に合わせ、多くの人が楽しむようになった「スマホゲーム」。だが、市場規模が1兆円に近づき、業界は競争激化と成長鈍化に直面する。規制強化や“黒船”の到来──。飽和市場で新たなビジネスモデルを示せるのか。

市場の急成長が続いたが……
●スマートフォンゲーム市場の推移
注:「ファミ通ゲーム白書2017」をもとに、編集部作成

 我々の地力が問われている局面。危機感は持っている」

 2月14日、2017年4~12月期の決算記者会見で、ミクシィの森田仁基社長は厳しい表情を崩さなかった。主力スマホゲーム「モンスターストライク(モンスト)」の収益状況や、市場環境についての質問に対する回答だ。

 世帯普及率が7割を超え、1人1台が一般化しつつあるスマートフォン。中でも、若者を中心に多くの人が楽しんでいるのがスマホゲームだ。

日経ビジネス2018年3月5日号 54~59ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ