SPECIAL REPORT

韓国新大統領の重い船出

やはり財閥頼みで景気浮揚か

2017年5月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免・逮捕で韓国政治は一新した。中国の経済停滞と韓国財閥の競争力低下で、経済低迷から抜け出せていない。次期大統領候補は「財閥改革」「雇用創出」を唱えるが、実現の道は険しい。

日経ビジネス2017年5月8日号 38~43ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ