SPECIAL REPORT

「空飛ぶクルマ」でリード 亡命先でかなえる夢

米トップ・ フライト ・ テクノロジーズ

2017年6月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

注目を集める「空飛ぶクルマ」の開発で実用化に最も近いと目されるベンチャー企業。創業者は、祖国・ベトナムを離れ米国に亡命したかつての「ボートピープル」だった。起業の目的は金もうけでも成功でもない。人の役に立ちたい。そのいちずな思いだ。

3月に実施した飛行テストの様子。6月のテストでは10kgの水をぶら下げて飛ぶことにも成功した
8つのプロペラの回転数を調整してバランスを取る(上の写真)

日経ビジネス2017年7月3日号 56~59ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ