SPECIAL REPORT

インバウンドに再び勢い

訪日消費「爆買い」の次 3つの新潮流をつかめ

2017年8月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国人による「爆買い」が沈静化した訪日消費。だがここに来て、全体に勢いを取り戻している。要因を分析すると3つの変化が浮かび上がる。

韓国から旅行で大阪に来た18歳の女性2人(左)。ドン・キホーテで雑貨を購入したり(上)、とんかつやカツカレーを食べるなど(下)、街歩きや食事を楽しんだ
(写真=左、上:菅野 勝男、下:チャさん提供)

 江崎グリコの巨大看板で知られる大阪の戎橋。人混みの中、ディスカウント店「ドン・キホーテ」に向かう2人の女性がいた。「初めての海外旅行です」。照れながら話すのは、18歳のチャ・ヒョウリンさんとユン・イェチさん。高校の同級生の2人は、夏休みを利用して3泊4日で日本にやってきた。

 ドン・キホーテで購入したのは、足に貼るライオンの日用品「休足時間」や招き猫の人形など。2人はほとんど同じものを「おそろい」で購入していた。その後、チャさんは百貨店に行ってスニーカーや洋服を、ユンさんは日本の男性アイドルの雑誌を買って帰りたいと話した。購入する商品は出発前に韓国の検索サイト「ネイバー」で調べてあり、ほとんど「目的買い」だ。「日本は、近いし、短期間で楽しめるし、初めての旅行にぴったり」と笑う。

日経ビジネス2017年8月28日号 52~56ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ