SPECIAL REPORT

「日本郵政」という名の病

民営化10年の現実、政治による翻弄と経営無策

2017年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小泉純一郎元首相の主導した「郵政民営化」の開始から、10月で10年が経過する。官業を効率化し、日本経済の一助とする理想から、懸け離れた現実が目の前にある。国民の財産でもある日本最大級の企業グループをむしばむものの正体とは。

(写真=郵便ポスト:DAJ/Getty Images、西川氏:読売新聞/アフロ、斎藤氏・坂氏:時事、西室氏・長門氏:北山 宏一)

 「終わったな」。6月上旬、日本郵政関係者は、そう言ってため息をついた。

 価格など諸条件が最後まで折り合わず、野村不動産ホールディングスの買収が不発に終わったためだ。それからおよそ2週間後、交渉終了を知らせるリリースが正式に公表された。

一度も増収になったことがない
●日本郵政の売上高(経常収益)と純損益の推移

 交渉が始まったのは昨年9月ごろ。元総務次官の鈴木康雄上級副社長が自ら乗り出すなど、さながら“総力戦”の様相を呈した交渉は結局、実を結ぶことはなかった。

日経ビジネス2017年9月25日号 48~51ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ