SPECIAL REPORT

後継者不足逆手に 攻めの企業売却も登場

急増する中小企業のM&A

2017年10月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中堅・中小企業の間でM&A(合併・買収)が急増している。後継者難が背景にあるが、売り手、買い手とも成長の手段とみるケースも出てきた。生産性が低いとされた中小企業が、その姿を変えるきっかけにもなる。

大手への身売りで成長を狙う家具卸、ミヤコ商事の藤井裕士社長(左写真中央手前)。 調剤薬局は後継者不在で売却が増えている(右)(写真=左:鈴木 愛子、右:竹井 俊晴)

 「2人の子供は就職して自分の道を歩いているから無理に跡継ぎにはさせられないし……。長年一緒に働いた従業員もいたけど、体力的に難しいこともあって社長を頼めなかった」

 こう言って肩の荷を下ろしたように笑顔を見せる酒井長久氏(62歳)は、東京都内で4店経営していた調剤薬局を昨年末、大手の調剤薬局チェーンにすべて売却した。東京郊外の清瀬市に調剤薬局を出店したのは1997年。以来、約20年かけて同市と都心に店を広げた。売却前の年商は約5億5000万円。経営は安定していたが、還暦を過ぎ、そろそろ第一線を退こうかと考えたところ、肝心の後継者がいなかった。

日経ビジネス2017年10月30日号 52~56ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「SPECIAL REPORT」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ