企業

フロントランナー 小なれど新

ネット通販の躍進支える黒子

イー・ロジット|インターネット通販向けの物流代行

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

拡大を続けるインターネット通販。商品が注文者の元に届くまでには、いくつもの煩雑な工程がある。このような物流の多様な作業を代行して急成長。商品撮影やラッピングなどの「付加価値」も強みだ。

商品が整然と並んだ棚
手元の注文データを見ながら、商品を取り出す女性従業員。コストを抑えながらも、商品を間違えないように作業を工夫している(写真=藤村 広平)

 Tシャツ、サプリメント、音楽アーティストの関連グッズ……。インターネット通販で注文が入った商品を、リストを片手に女性従業員が背丈を超える高さの棚から次々に取り出していく。色もサイズもバラバラ。さらにいえばこれらの商品を預けている会社もバラバラというのが、物流代行のイー・ロジットが2014年に稼働させた埼玉フルフィルメントセンター(埼玉県八潮市)の特徴だ。

 フルフィルメントセンターとは商品の管理や配送などを担う物流倉庫のこと。延べ床面積は約3万平方メートルと東京ドームのグラウンド2個分以上に達する。1日に2万~2万5000件、繁忙期の12月には3万件を出荷することもある。

 このセンターを物流倉庫として利用する企業は、健康食品、化粧品、アパレル、雑貨などを中心に約270社に達する。その多くが中小企業だ。「インターネット通販はニッチな商品をどれだけ数多く取りそろえられるかが重要。ただ規模の小さな会社では、種類が多いと、一つひとつの物流を管理するのが難しい。それを一括して代行できるのが我々の強みだ」。イー・ロジットの角井亮一社長はこう自信を語る。

日経ビジネス2017年6月19日号 70~71ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「フロントランナー 小なれど新」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ