企業

フロントランナー 小なれど新

将棋で鍛えたAIで世界変える

HEROZ(ヒーローズ) |AI(人工知能)を活用したサービスの開発

2018年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 AI(人工知能)を活用した将棋ゲームを開発して、競争の激しい分野で圧倒的な支持を集める。磨いてきた技術の応用分野を企業向けビジネスにも拡大。人手不足などの解決を目指す。

AIで対局を解析
「将棋ウォーズ」では、AI(人工知能)を活用して、対局時にユーザーが指したさまざまな手の良しあしを評価する
タブレット版の「将棋ウォーズ」を手にするHEROZの林隆弘CEO(左)と高橋知裕COO(写真=加藤 康)

 新作が続々と投入され、勝者と敗者の入れ替わりが激しいスマートフォン(スマホ)向けゲーム。競争が厳しい分野で、子供からシニアまで幅広い年齢層から圧倒的な支持を得ている将棋ゲームがある。

日経ビジネス2018年7月23日号 62~63ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「フロントランナー 小なれど新」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ