企業

フロントランナー 小なれど新

「野菜のり」で食文化を変える

アイル|野菜のり(野菜シート)の製造・販売

2018年1月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

野菜と寒天をペースト状にして板海苔(のり)のようなシートに成型した「野菜のり」を開発。規格外の野菜を原料に使い、海苔の製造設備を活用するビジネスモデルで成長を目指す。

野菜と寒天が原材料
野菜と寒天を混ぜて、厚さ0.1mmのシート状にする。野菜の風味を残しつつ、板海苔と同じような食感を実現した(写真=松隈 直樹)
生春巻きの皮のように使う(左、PICS提供)。豊富なカラーバリエーションが特徴(右)

 赤や黄、緑など色鮮やかな板海苔(のり)のような形状のシート。それが野菜と寒天を混ぜてペーストにして成型した「野菜のり」という商品だ。縦21mm×幅19mmで厚さは0.1mm。板海苔やライスペーパーのように使え、コメや野菜などを巻いて食べる。

 「これまではフランスやイタリアなど海外からの注文が多かったが、足元では日本の流通大手や食品メーカーと商談が進んでいる。使い方次第で可能性は無限に広がる」。野菜のりの製造・販売を手掛けるアイル(長崎県平戸市)社長の早田圭介氏はこう自信を見せる。

日経ビジネス2018年1月8日号 62~63ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「フロントランナー 小なれど新」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ