PEOPLE

新社長の独白

清水 博[日本生命保険社長]

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

長寿化や介護需要に対応 日本市場はまだ成長できる

清水 博[しみず・ひろし]
1961年生まれ。83年京都大学理学部卒、日本生命保険入社。商品開発部長などを経て、2013年取締役常務執行役員、16年取締役専務執行役員。18年4月より現職。徳島県出身。(写真=的野 弘路)

 数学が昔から大好きでした。大学で数学を専攻し、卒業後も勉強を続けたいと考えていたのですが、残念なことに大学院入試に落ちてしまいました。途方に暮れつつ、就職をしなくてはと卒業者名簿を手繰ると、定期的に先輩たちが生命保険会社に入社している。詳しく調べてみると、数学的な知識を使い保険料の設定などを担うアクチュアリー(保険計理人)と呼ぶ仕事があることを初めて知りました。

 大好きな数学を活用できる。そして、商品を通じて多くの人生を支えることができるかもしれない。この2つの考えが、保険業界を志した原点にあります。

日経ビジネス2018年5月14日号 96ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「新社長の独白」のバックナンバー

一覧

「新社長の独白」の著者

武田 健太郎

武田 健太郎(たけだ・けんたろう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学教育学部卒業、日本経済新聞社に入社。「NIKKEIプラス1」を担当後、証券部で金融マーケットや企業財務を取材。CFA協会認定証券アナリスト、AFP(日本FP協会認定)。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ