CULTURE

BOOK 話題の本、注目の本

選んだ「死」と選ぶ「生」

THIS WEEK'S THEME 安楽死

2018年2月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 評論家の西部邁が多摩川に入水したが、これまでの功績とともに、その死に方まで「彼らしい」と理解されている空気には違和感を覚える。

 病院では死にたくない、と漏らしていたそうだが、病院でいくつもの管につながれながら生きている状態と単純比較し、潔い死、と規定するのは危うい。生きている人間は誰しも死んだ経験がないのだから、死の瞬間に何を思うのかは分からない。生きている、との状態に対し、「理想の死に方」をぶつけて揺さぶる行為は、常に慎重であるべきだ。

 政治家が社会保障費増大の議論と絡めながら、自分は日本尊厳死協会に入ろうと思う、と話を広げた事例もあるが、誰にも迷惑をかけずに死ぬのが良しとされ、それが、いかなる手段を用いても生きていたい、とする個人へのプレッシャーになるようではいけない。

日経ビジネス2018年2月26日号 105ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ