CULTURE

HEALTH 過度のストレスに気付くコツ

職場環境の変化もストレス要因

自覚したら早めに対処

2018年3月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Adviser
iCARE CEO (最高経営責任者)
山田洋太
金沢大学医学部医学科卒業。心療内科医として2万人以上を診てきた。産業医・内科医としても診療。

 新年度を控え、人事異動や昇進などで業務内容が変わったり、同じ組織で働くメンバーが入れ替わったりするなど、職場環境の変化にさらされる人は少なくないだろう。

 厚生労働省が2016年に行った調査によると、1万人超の労働者のうち59.5%が、現在の自分の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスを感じることがあると回答した。その要因としては、「仕事の質・量」(53.8%)、「仕事の失敗、責任の発生」(38.5%)に続いて、「対人関係」(30.5%)、「役割・地位の変化など」(26.8%)が多かった。

日経ビジネス2018年3月12日号 104ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ