CULTURE

AUTOMOBILE 欧州のEV化、見えない行方

EV開発は加速、現実の選択は?

ディーゼルゲートから3年

2018年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1. VWのCEO、Dr.ディースと同ブランドのEV「I.D. VIZZION」。奥はミニバンタイプの「I.D. BUZZ」(写真=VOLKSWAGEN AG)
2. ポルシェのEV「ミッションE」の派生モデル「ミッションEクロスツーリスモ」。19年発売予定
3. アウディの電動SUV「Q6 e-tron」。1充電あたりの航続距離500kmを実現。年内にも販売が開始される

 3月のジュネーブ自動車ショーで、ひときわ注目を浴びたのが、独フォルクスワーゲン(VW)グループの電動化戦略だ。VWグループはVWブランドを筆頭にアウディ、ポルシェ、ベントレーなど乗用車、2輪車のドゥカティ、商用車のMAN、スカニアなど12のブランドを擁する。昨年、2025年までに80の電動パワートレイン搭載車を発売し、30年には、VWグループの全ラインアップにEV(電気自動車)を設定する戦略「ロードマップE」を発表しており、今回ジュネーブでは、その具体例が示され始めた。

日経ビジネス2018年3月26日号 116ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ