CULTURE

BOOK 話題の本、注目の本

英国と議院内閣制のゆくえ

THIS WEEK'S THEME 政治

2018年4月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 議院内閣制は果たしていい制度だろうか。国民から選出された議員が繰り広げる議論や、首相との丁々発止のやり取りを見ることで、国民は、自分たちが間接的に政治の主人公だと実感できる、はず、だった。

 戦後、社会が豊かになり平等になるに従って、「先生」である議員よりも、民衆の方が強くなってきた。議会批判も高まっている。「政局ばかり」だとか「与党質問は茶番である」とか。

 代わりにここ数十年で支持されるようになったのが、強い首相というモデルだ。ただし日本ではそれが行き過ぎたとみられ、ここ1~2年は安倍「一強体制」が厳しい批判にさらされている。

日経ビジネス2018年4月16日号 87ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ