CULTURE

BOOK 話題の本、注目の本

生物学、その先の未来

THIS WEEK'S THEME 生物と科学

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人類は誕生以来、宇宙とは何か、物質とは何かを考え続けてきた。その理解が一気に進んだのは、20世紀になってからだった。

 1916年、アインシュタインが相対論を完成することで、宇宙を現代的に理解する基礎が出来上がった。27年までに、ハイゼンベルクの行列力学とシュレーディンガーの波動力学が発表され、物質を理解するための量子力学の構築が始まった。現代物理学の基礎は、大正時代に形成されたのだ。

 当時は一般人のみならず、技術者たちも、この難解な基礎科学が何の役に立つのかさっぱり分からなかった。しかし、21世紀に暮らす我々は、その恩恵がなければ生きていけない。

日経ビジネス2018年5月14日号 99ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ