CULTURE

HEALTH 老眼に対策はある?

仕事にも不便な老眼 予防法・対策は?

見えにくい、目が疲れると感じたら早めの対策を

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

Adviser
眼科専門医
森山 涼
(もりやま・りょう)

医療法人社団済安堂井上眼科病院副院長。東京医科大学医学部卒業後、2017年4月より現職。専門分野は難症例の白内障手術。

 40代から始まる、近くが見えにくい、目が疲れやすいなど老眼の症状。「目の病気などがない限り、老眼の症状はすべての人に起こります。また根本治療も確立されていません」と話すのは井上眼科病院・副院長の森山涼医師だ。

日経ビジネス2018年5月14日号 98ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ