CULTURE

BOOK 話題の本、注目の本

私たちにとって「本屋」とは何か

THIS WEEK'S THEME 本と本屋

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「本は、世の中の酸素だ」との一節を見つけて、しきりにうなずく。本は、自分と世界をつなげる。そして、自分の思考を活性化させる。知らなかったことを知ろうとする時、本はいつだって新鮮な酸素であり続ける。

 今は黙っていても、自分に必要な情報が入ってくる時代におかれているが、そこに流れ込んでくる情報は、吸って吐くための筋力を鍛えさせてはくれない。だから、あっという間に流されてしまう。本は人間に自発的な呼吸を促し、その呼吸を続けることによって、どう世の中を見通すべきか教えてくれる。

日経ビジネス2018年5月21日号 87ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ