CULTURE

HEALTH 遠近両用コンタクトレンズ

老眼対策に遠近両用コンタクトレンズ

人気は使い捨てタイプ

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は老眼について、眼球内のレンズともいえる水晶体が加齢に伴って硬くなり、ピントが合わせづらくなる状態であることを説明した。

 そんな老眼による見えにくさや、目の疲れやすさを補う方法として、近年、利用者が増えているのが、遠近両用のコンタクトレンズだ。

 「ここ約15年で遠近両用コンタクトレンズ市場は13倍に。2016年のメーカー出荷額ベースでの市場規模は約80億円でした」とSEED経営企画部の大津有紀子氏。

日経ビジネス2018年5月21日号 86ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ