CULTURE

HEALTH 心臓と突然死

「ストレス減」「脈測定」で心臓をケア

HEART CARE 生活習慣見直しはもちろん

2018年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年2月、俳優の大杉漣さんが「急性心不全」で亡くなったことは記憶に新しいが、日本では、年間6万人が、心臓の異常が原因の突然死で亡くなっている。今や心不全の患者は全国で100万人を数え、2030年には「心不全パンデミック(爆発的流行)」と称される患者数の急増も予想される。心臓のケアについて専門家に聞いた。

Adviser
澤 芳樹(さわ・よしき)氏

大阪大学医学部心臓血管外科教授。iPS細胞を用いた心筋シートの開発など世界最先端の研究を推進する。

 突然死を起こす大きな原因になるのが心臓の病気です。覚えておいてほしいのは、心臓には痛みを感じるセンサーがないということです。周囲の神経が心臓の異常を察知して痛みの信号を発信するため、心臓とは別の場所で痛みを感じるのです。

日経ビジネス2018年5月28日号 78ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ