CULTURE

RESEARCH.天才、その条件を探る

天才と凡人はどこが違うのか

世界を変える逸材の謎

2017年6月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アインシュタインのおかげで宇宙の謎を探る研究は大きく進展したが、彼のような並外れた頭脳の秘密は一向に解き明かされない。いったい何が、アインシュタインの思考力や思考過程を、同時代の優秀な物理学者たちとは次元の異なる高みにまで引き上げたのか。何が天才を生むのだろうか。

 天才は定義しにくい主観的な概念であり、歴史の審判に委ねられる。しかも、天才は多種多様な特徴が混ざり合って生まれるもので、一つの物差しだけでは測りきれない。とはいえ、もつれた糸を解きほぐすように、天才の資質を1つずつ理解しようと努めることはできる。ちょっと挙げるだけでも知能、創造性、忍耐力、単なる好運など、さまざまな要素がからみ合って世界を変え得る逸材が生まれるのだ。

日経ビジネス2017年6月12日号 134ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ