CULTURE

FASHION.夏を涼やかに過ごす

さらりとした手ぬぐい素材でおしゃれを演出

暑い夏にぴったりの和アイテム

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京・浅草にある本染め手ぬぐい専門店
「染の安坊」。日本の伝統技法である「印染(しるしぞめ)」による手ぬぐいを扱う

 おしゃれに敏感な女性を中心に、10年以上前からブームになっている手ぬぐい。漂白した木綿に染色を施したものだが、小紋など昔ながらの古典柄、動植物など自然を取り入れた季節柄、現代風のおしゃれなデザインなど、好みに合わせて柄を選べる点が魅力だ。手ぬぐいを素材にしたさまざまな雑貨なども増えてきた。

日経ビジネス2017年6月19日号 96ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ