CULTURE

AUTOMOBILE.オープンカー

いつもの景色が変わるオープンカーの魅力

梅雨明けが待ち遠しい

2017年6月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

現行型マツダロードスターのハードトップ版であるRF。昨年末の発売以来、セールスは好調で顧客層は20代から60代以上まで幅広く、ATとMT比率は約5割ずつという

 梅雨が明けたら、快晴の空の下、乗りこなしてみたいのがオープンカーだ。風を感じながらステアリングを握る楽しさは格別だ。

 いや、雨が降っていても、意外な味わい方がある。以前、クルマ好きな演出家が、インタビューで雨の日にソフトトップのオープンカーに乗っていると、傘をさしているように雨音が伝わってきて心地よいと話していたことが、とても印象的だった。

日経ビジネス2017年6月26日号 88~89ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「CULTURE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ